電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

ボストンマラソン出場に向けて

東京マラソンのエントリーが今月より始まりました。毎年10倍のエントリーで抽選になりなかなか走れない大会となりました。

 

抽選ばかりで走りたい大会に出れない。

どの大会も抽選ばかりで走りたくても走れないことが多くなってきました。複数エントリーして抽選あたったらその大会を走るという人も増えたきました。
そんな状況でどの大会に出れるかわからず、そわそわする日々が自分は、あまりに好きでは、ありません。
 

実力があれば走れる海外マラソンに挑戦

 
以前記事にした出来事もあり
だったら海外のマラソンに出場しようと決めてまず選んだのは、ボストンマラソンです。
そもそもサブスリーを目指したのも東京マラソンに出場するためです。サブスリーランナーで陸連登録すれば、走れる確率が上がるという情報を得て目指しました。しかし達成しても2年連続バスレ⤵
 

ボストンマラソンの素晴らしさ

ボストンマラソンは、もっとも歴史の長いマラソン大会で来年で120回を向かえます。北米では、憧れのマラソン大会らしいです。日本の東京マラソンと同じですね。
東京マラソンと違い抽選方式ではなく、男女年齢グループ別にフルマラソンの参加基準タイム「BQ」を過去1年にクリアしたランナーだけがエントリーできるようになっています。ちなみにエントリー順は、速いタイムを持っている方から始められます。つまり持ちタイムが速くれば速いほど参加できる確率が上がります。頑張ったランナーに優しいシステムなってます。でも参加資格タイムは、努力すれば達成できる設定になってます。
 
参加資格タイム
18~34歳   男子3時間05   女子3時間35
35~39歳   男子3時間10   女子3時間40
40~44歳   男子3時間15   女子3時間45
45~49歳   男子3時間25   女子3時間55
50~54歳   男子3時間30   女子4時間
…つづく
 
 

出場に向けて

費用や時間などハードルは、高いです。しかしありがたいことにツアー参加枠があり、これですと参加することが可能です。自分も持ちタイムがここ一年ないので、ツアー参加枠で、挑戦しようと思います。しかし今月の北海道マラソンで3時間05分以内の記録が出た時は、有資格ランナー枠としてエントリー可能です。エントリー代も2万くらい違うので何とかタイムを出したいです。真夏のフルマラソンは、きついですが今までの練習が続けられればいけます。
 
ボストンマラソンというと2年前のテロ事件の余韻がまだ残っていて敬遠しがちになりますが、テロなんてどのレースもリスクを抱えています。自分は、そういったリスクを考えた上でも走りたい!という気持ちが勝りました。
まだエントリーも始まっていませんが、是非とも、「伝統ある選ばれし者しか走れない大会」に参加できるといいです。
 
 
 
では、今日もラン信号進行!
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)