読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

パフォーマンスをアップするカギは少食

自分がファスティングをやったり、少食にしているのは、少食がパフォーマンスをアップするカギを握っていると確信しているからです。

 

太っていた小学生時代

小学生の高学年の時は、太っていました。さすがに太りすぎとまわりから言われて、小学生ながらショックで痩ようと、朝ごはんを減らしました。午前中はお腹がすいたが、当時は、理解ある先生の存在のおかげで学校が楽しかったので、空腹すら忘れることができました。以前は、直ぐに怒られてばかりで学校が楽しくなかったです。
そんな生活を送っているうちにスポーツや勉強がどんどんよくなってきました。痩せると不思議と良いことが多くなっていきました。
 
 

痩せると何故かよい方向に

その後も少食で痩せると何故か、何かとうまくいくことが多くありました。中学時代は野球で投手として地区大会で優勝できたり、高校生の時も色々と順調にいきました。それは、社会人になってからも同じでした。しかし太ると悪い方向にいきます。人間関係のトラブル、パフォーマンス低下など、嫌なことが多くありました。
 
 

ファスティングに出会って少食の良さを確信する

ファスティングに出会い、食や予防医学について学ぶうちに少食の良さがわかりました。少食にすることにより、今まで消化に使っていたエネルギーを節約することができ、代謝にエネルギーをまわすことができるようになります。そうなると回復力も上がるので、パフォーマンスをあげることができます。今まで少食の時に、パフォーマンスが上がった理由がわかりました。
 
 
パフォーマンスが上がったのは、食だけのおかげではなく、その他にも色々とあると思います。その中の1つとして考えています。
何か最近、調子が悪いなって時は、少食を試してみるのもいいと思います。
 
 
では、今日もラン信号進行!
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)