読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

3日間のファスティングで気づいたこと

今回は、デトックスを目的にファスティングを実行しました。

3日間のファスティングでの成果と気づきについてまとめたいと思います。

成果

・体重54.9kg→52.2kgに減

・筋肉のハリがなくなりバネが戻る

・もやもやした感じがすっきり、頭の中がクリアな感じ

おおまかに感じたことは、こんなところです。

一番よかったのは、筋肉の状態が上がったことです。ファスティング前は、疲労で結構ハリが強く、峠走の筋肉痛も残っていたんですが3日目には、完全にもどりました。疲労感もなくなり、コンディション良好です。

少し頭の中もやもやした感じがあったんですが、これもなくなりました。たぶん原因は、糖質のとりすぎだと思います。お盆の帰省で、普段あまり食べない白米をばんばん食べてしまったのがよくなかったです。もやもやしたのも糖質のとりすぎにより、ブドウ糖が余り、血液の中でうろうろしていたのかも知れません。糖質は、とりすぎると脂肪になります。さらに多すぎると色々と問題がおきてきます。最近さわぎはじめた糖化の原因にもなります。とりすぎても運動などで消費すれば問題ないです。

 

気づき

正直3日間では、デトックスには、足らない感じがしました。まだまだ状態がよくなる感じがあったし、尿の色もまだ黄色かったので、まだデトックスの最中だったのだと思います。今回は、今週の日曜日に最後の調整レースをいれていたのをわすれていたので、4日間の予定を変更しました。自分がボーンヘッドでした。

ファスティング中のランニングも自己最高の14キロ走れたのでよかった。不思議なもので回数を重ねるうちに走れる距離がのびるとは、どう原理か気になるところです。

 

今後は、糖質のとりすぎにを注意です。ちなみに糖質を多く消費したい場合は、運動では、高負荷トレーニングがおすすめです。運動強度が高くなるほど糖質が消費されやすくなります。走るならインターバル走がいいでしょう。

 

とりすぎたら調整する!それぞれ自分にあった楽しめる調整方法を行うといいです。

 

では、今日もラン信号進行!
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)