電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

マラソンは、30㎞までウォーミングアップ

「マラソン走る前にウォーミングアップなんて必要ないよ。スタートして30㎞までがウォーミングアップなのだから」

この言葉を聞いた時は、新鮮な気持ちになりました。そのような考え方もあるなって。

体を温めるために走る前は、ウォーミングアップは、必要だろうと思っていました。

しかし考えてみるとマラソン大会、どんなにウォーミングアップをして走る準備をしてもスタートしたら渋滞でなかなか前に進まず、無理して前にでて無駄に力を浪費することが多かったです。
前半つっこんで後半、大幅失速が常々でした。

そんな中この言葉を聞いてマラソンに対する考え方がかわりました。

前半いかにタイムを稼ぐか→前半いかに温存するか

そう考えを変えてからスタート前の緊張感もとれました。マラソンのスタート前は、みんなピリピリしています。不安なんです。完走できるか?記録がでるか?

でも30㎞までウォーミングアップなんだと考えると、そんな緊張する必要なんてありません。頑張るのは、30㎞過ぎで、今はリラックスすればいい。タイムなんて走ってみないとわからないのだからスタート前に考えることではないのです。

今回の防府読売マラソンは、タイムを意識したのは、40㎞地点です。それまでは、いかに楽に走ることしか考えていませんでした。ハーフ通過タイムは、今季ワーストでした。その時点でペースをあげようか考えましたが30㎞までは、ウォーミングアップと考えていたのでマイペースに走りました。そのおかげで後半も大幅に失速することなく無事30㎞まで走れました。

マラソンは、タイムを出したいとか、完走したいという欲、不安を制することが大切だとわかりました。これに負けてスピードをだしたら終わりです。

「30㎞までがウォーミングアップ」

マラソンのスタート前は、リラックス!スタートして30㎞までリラックス!

これも楽しむたの秘訣なのかもしれないです。



では、ラン!信号進行!
 
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)