電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

モチベーションのタイミングをコントロール

ファスティングが終わり、さぁ別府大分に向けて気持ちを上げていきたいところですが、走ることに関して気持ちが上がらないです。

人間、いつもモチベーションを保つのは、難しいです。そこをコントロールすることは、大変です。それよりもモチベーションのタイミングをコントロールした方がいいです。

自分は、ファスティングをモチベーションのオフスイッチして1度気持ちを落としています。

モチベーションを落とす理由は、レース後の気持ちの高まりによるオーバーワーク防止です。結果がよかったりしたレース後って直ぐに次のレースに向けてトレーニングしたいと思うようになります。しかしそこでそのままトレーニングをしてしまうと疲労が抜けきれずケガの原因にもなります。

だからこそ、レース後は、1度モチベーションを落として冷静に今後のことについて考えるのです。

ファスティングをやれば、体を休めることができますし、バテてあまり走れないので無理をしなくなります。オフスイッチにぴったりです。

じゃあオンスイッチは?というと…

これは、負荷の高いトレーニングをするか、レースに出る。この2つです。やはりジョギングでは、駄目です。体に刺激というスパイスを入れることによりスイッチを入れます。


今は、このオンスイッチが必要です。そして調度、明後日に駅伝といういいスパイスがあります。これでスイッチが入ればいいです。

走ること以外にも日常生活でモチベーションのタイミングをコントロールできることがあるといいです。このように意識をコントロールできれば、もっと楽しく生きれそうです。

たぶん一流のスポーツ選手や仕事のできる人は、無意識にできているのだろうと思います。

本当は、無意識にできればいいですが、そんなもの備わっていない自分は、意識を変えることからやっていかないと身につかなそうです。

出来る人羨ましいー😣❗



では、ラン!信号進行!
 
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)