読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

方向性間違っていない?

スピードをあげるためにインターバルトレーニングだ!と単純な発想でここまできました。

しかしそもそもマラソンにおいて全力を出す走り方がよいのか疑問に感じます。

スピードが上がれば余裕度が上がりマラソンでもスピードが上がるという理論でした。

でも今までやってきたのって全力で走るフォームづくりみたいな感じがします。

それ、マラソンに生かせるの?って問いかけると???です。

疲労の抜け具合も悪くなり、フォームも崩れぎみ。

ちょっと方向性間違っているなを気づきました。

これを気づくきっかけは、操体法を学んでからです。

操体をやると凄い体が揺るんでバランスがよくなる。逆にそれだけバランスが崩れていたと言うことです。

走り方におかしさを感じていたが、スピードをあげたい、ランニングクラブの練習についていきたいという思いから無理していました。

速い人についていきたいと今の自分の状態を考えず、まわりばかり気にして、本来の目的、目標を見失っていました。

ランニングクラブでのトレーニングも身の丈にあったクラスでのトレーニングがいいでしょう。

そして、無理な走り方ではなくリラックスして体の動きを意識した走りをします。

もちろんインターバルトレーニングが無駄というわけではないので、今後も続けます。

力のいれどころというわけです。

インターバルトレーニングは、走りに刺激を入れる程度にとどめてしっかりやるのは、ペース走や距離走でフォームを崩さず走ることです。

北海道マラソンでは、ここら辺を意識して余裕度を意識して走ります。記録のことは、考えないようにします。

では、ラン!信号進行!


フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

ツイッター

https://twitter.com/pawapuro0422

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)