読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

ランニングシューズのソールの厚さ

ランニング用品

長い距離を積むと、時間するのはランニングシューズのソールの厚さです。

 

ソールの厚さで足へのダメージがかなり変わってきます。

 

もちろん走る路面も関係してきますが、アスファルトで走ると特に感じます。

 

昨日は、初めてタクミセンブーストで足柄峠走を行いましたが、かなりのダメージがきました。

 

足全体きましたが特に足裏です。

 

確かに峠走ですから下りで負担がかかるのは、わかりますが以前よりもダメージがきました。

 

普段のトレーニングもソール厚さでダメージの大きさ変わります。

 

やはりアスファルトでのランニングは、トレーニングに応じてシューズを変えた方がいいと思います。

 

最近の傾向でシューズも固めに作られているのもが多いので、そのようなシューズばかりでトレーニングは、疲労をためすぎてしまいそうです。

 

疲労を抜くところは、抜いて追い込む時は、追い込んでメリハリが大切です。

 

トレーニングだけでなく、シューズもメリハリをつけていきたいと思います。

 

 

では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。