読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

結果を残すために緊張するほど、気持ちあげられているか?

走ることを考える

ポイント練習前、レース前に緊張するほど、気持ちをあげられるか?

 

ファンランならともかく、記録向上を狙って走るならこのような状態にもってこれないと、トレーニング効果は、低いと感じています。

 

強くなったときのトレーニングは、だいたいこのようなメンタル状態でした。

 

楽な方へ楽な方へ誘導しようとする自分との闘いです。

 

「やっぱり今日は、スピードを緩めよう」とか、「とりあえず様子をみて走ろう」では、自分を高めることができないです。

 

そういう意味では、現在の自分は、よろしくないです。

 

必要以上に体の状態を気にしていないか?痛みが出ているならともかく、そのような状態ではないです。

 

ただどこか気持ちをあげきれていないです。

 

今の状態では、明日の高根沢ハーフでの効果が低くなってしまいます。

 

周りが引くくらいの緊張感と集中力をつくっていかないと別府大分では、闘えないです。

 

どっちつかずの中途半端が最悪だ!明日は、3分45~40で攻めます!スピードの辛さから逃げない!

 

今できることにしっかりやろう。

 

実家帰省で気が緩みそうですが、最低限、レースが終わるまでは、集中していきます。

 

 弱気な自分へ喝!

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)