読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

肩の力みをとれると…

肩回りに力みがあると、スピードがでないです。

 

これは、股関節と連動してるため、肩まわりの力みは、ストライドを縮めてしまいます。

 

実際にストライドを意識するようになってからより実感します。

 

スピードを出そうとするあまり腕を頑張って、ふりすぎているのでしょう。

 

どんなときも肩まわりは、リラックスすることがスピードをだすうえでは大切だと思います。

 

頑張らない方が速く走れるとは盲点でした。

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)