電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

マラソン、野菜づくり、鮎釣り、ファスティング、走ることと自然と触れ合うことを中心としたライフスタイルを目指すブログ。

走り込みをやる意味

マラソンを走る上で走り込みは、必要だと感じています。

 

走り込みをするとスピードが落ちてしまうというデミリットがありますが、基礎体力をつけるためにも、やった方がいいです。

 

なにより、やるのとやらないでは、レース後半の粘りも違ってきます。

 

マラソンの30㎞以降は、かなりしんどいです。

 

あー!歩きたいー!という誘惑が何度もやってきて、それを我慢して走り続けなくては、目標達成には不可能です。

 

そんな時の支えの土台になるのが走り込みでしょう。

 

とくに足が重たい状態で走り込みをやっておくと効果的です。

 

だからと言って、走り込みばかりでは、スピードがでなくなります。

 

大切なのは、そういう期間をしっかりつくることです。

 

フルマラソン連発とかウルトラなども方法のひとつです。

 

自分は、もう体重維持のための要素が強くなってきました。

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)