読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

マラソンのスピード力

マラソンのスピード力って、最近感じてきたのは、10㎞のスピードではないかと思う

 

今まで5㎞~フルマラソンまで、ウルトラ以外は、色々なレースに出てきたが、マラソンの記録に一番直結しそうなのは、10㎞の記録が上がったときだった

 

ハーフマラソンも走ったが、マラソンに近い走りになってしまって、スピード力をつけるというわけには、いかなかった

 

ハーフマラソンでスピードが上がった感じがしない

 

それは、後半にビルドアップする走りをしないのもある

 

ハーフマラソンは、10㎞のいきよいで走ってあとは、粘る走りがほとんど

 

そうしないと記録がでない

 

そんな走りをしているのもあって結果は、ハーフマラソンも10㎞の延長線という感じになっている

 

マラソンのペースをつけるなら30㎞走の方がよほど実践に近い

 

よってハーフマラソンより10㎞の方がマラソンのスピード練習に適していると思う

 

ハーフマラソンは、さほど重要ではないなと感じる

 

今後は、ハーフマラソンは、減らしていこうと思う

 

10㎞のスピード練習タイムアップをマラソン練習のスピード練習ための土台にしたい

 

10㎞のスピードをつけるには、5㎞のスピードが必要

 

だから5000mのタイムが大切なのだ

 

今は、その5000mのタイムアップの基礎のスピード練習1000mのタイムアップ

 

もう楽しくおきらくモードばかりでは、走っていられないな

 

そう思うときついところもあるが、チーム練習など、仲間との練習で刺激仕合ながらストレスをためすぎないようにトレーニングしていきたい

 

さぁトレーニング!トレーニング!

 

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)