電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

レース中の辛い時を乗りきるために

レース中にいつも思うのは、辛い時に「練習であれだけ走れたんだから大丈夫、もっと走れる」だ

 

練習でやれたことは、本番での自信に繋がる

 

特にマラソンなどは、後半や辛い時にどれだけ我慢できるか?粘れるか?でタイムがだいぶ変わってくる

 

楽に走るなら誰でもできる

 

辛い時が一番大切だ

 

そこをどのようにして乗りきるか?

 

やっぱり練習で築き上げた自信がものをいう

 

練習でどれだけ、本番に近い状態を体験できるかがカギだ

 

だからと言って練習は、全部、辛い練習にする必要はない

 

しかるべき準備をして挑んだらいい

 

今は、しかるべき準備の時期だけど、そろそろトラックシーズンの最終レースを決めていきたい

 

それが決まれば本番レースは決定だ!

 

といっても、まだまだ1000mの目標タイムは届かず 

 

3分切りたいね~

 

試行錯誤しながらやっていくしかない