電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

力まかせのランではなく、テクニックで走る

また、力が入ってきたなぁと感じる、最近のトレーニング

 

どうしてもタイムを意識すると力みが出てしまう

 

目標レースが近いとどうしても焦りから力が入ってしまう

 

これでは、速く走りたくても走れない

 

速く走ろとして力む

力むから余計スピードがでない

無理して走るから疲労が大

疲労で更にスピードがでない

練習継続困難

 

 

という悪循環に陥ってしまう

 

最近思うのは、速く走ろうとすること事態がそもそも良くないのでは?と思う

 

速く走るには、必要な動きがあり、脱力することが大切だ

 

それは、エボーリュランニングクラブの練習でわかってきた

 

走る技術をあげて、必要な動きを身につけることが効率的に走るため、速く走るために必要ということを学んでいる

 

速く走りたいという気持ちは大切だが、意識し過ぎると害をなす

 

まずは、やることがあり、効率的に走る技術を学ぶことが先決だ

 

もう一度、冷静に考え直そう

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)