電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

諦めの悪さも時には必要かと

効率的なランニングフォームも重要だ。

 

しかし、インターバルトレーニング、ペース走とレベルの高いトレーニングをやろうとすればするほどと自覚する基礎スピードのなさ

 

基礎スピードは、自分は、1000mのタイムと考えている

 

3月、4月と期間をとって磨いたが、それほどの伸びも出ず、これが今のもの足らないを生んでいる原因の一つだろう

 

そう簡単には、伸びない

 

5000mで16分台突入には、基礎スピードは必要な土台で避けて通れない

 

トラックシーズンということで、それを特別に期間をもうけている暇はない

 

この先、暑さでタイムもでなくなるので優先するのはレース結果に直結するトレーニング

 

じゃあ、どこで基礎スピードを磨くか?

 

悩んだ結果、ポイント練習後の流しを200m~400mのレペティショントレーニングにすることにした

 

ポイント練習やってサーキットをやって、くたくただが、ここでやろうと思う

 

相当キツイが、このタイミングでやることによって、レース後半のスパート練習にもなる

 

そしてポイント練習の日にやることで回復に時間をかけることができメリハリがつきやすい

 

そう簡単に上がらないなら、何度もやって叩き込むしかない

 

これで年間を通して、基礎スピード養成ができる

 

できない!やれない!じゃなくて、やれることを考える

 

諦めの悪さも時には必要かと思う

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)