電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

矛盾を突破してマラソンで結果を出す

スピードを出すには、筋力が必要である

 

そして、長距離を速く走るには体重の軽さが必要だ

 

でも、これらを同時に求めるのは、難しい

 

というか矛盾している

 

筋力をつけると体重が重くなるし、体重を減らすと筋力が減ってしまう

 

ここのさじ加減が重要で、自分が一番パフォーマンスのいいところを探す必要がある

 

マラソンのために体重を減らしたら、それと同時に筋力も減らしているのだから、レース後は、もとに戻すトレーニングをしないと、どんどん速く走れなくなる

 

これは、筋肉の量だけでなく性質も変わってしまうという考えもある

 

ここ最近の自分の状態だ

 

5000mの目標レースに向けて体重を減らしていたがあるところを境にスピードがでなくなってきた

 

それは、スピード練習を減らして持久系の練習をメインにしてからだ

 

これは、マラソン対策ということもあったが、これが裏目にでてしまった

 

ここら辺は、短い距離のレペティショントレーニングをやっていれば、ある程度維持できたのだろう

 

そして、過度に体重を減らすことにこだわりすぎないこと

 

その点の失敗を次の北海道マラソンでは、解決する

 

・筋力をつけること

・高強度のレペティショントレーニングを定期的に入れる

・体重を減らすことにこだわりすぎない

 

なるべく、マラソンの本命レースまでは、体重よりは、筋力優位の体作りをして、あとは、ギリギリまで削る

 

矛盾を突破してマラソンで結果を出すには、これが妥当かと思う

 

では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)