電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

16分台の壁その先

トラックでのレースを何度もみていると、16分台のランナーと15分台のランナーでは、フォームにかなりの差があると感じる

 

17分台と16分台のフォームの差、あまり感じられない

 

そうすると、16分台に突入するには、スピードを純粋に鍛えていけば到達できそうだ

 

しかし、その先となると変わってくる

 

まず、ストライドが全然違うし、上半身と下半身の捻転動作が大きい

 

べたべたとした接地ではなく、接地時間も短い

 

全力疾走のフォームで走っているようだ

 

それを維持できる、スタミナと筋力が必要だ

 

世界が違う

 

しかし、今後16分台突入をする上では、ここを目指すべきだ

 

そしてその能力は、マラソンにも繋がる

 

15分台ランナーのフォームは、憧れる

 

そのためには、スピードに特化した練習がより必要になり、すなわちキツくなる

 

目指すべき形がはっきりしてくると、練習の質向上になる

 

練習もどんどんレベルが上がるが、休息の大切さもわすれずにしたい

 

では、ラン!信号進行!


フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

ツイッター

https://twitter.com/pawapuro0422

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)