電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

らせん流ラン ワークショップ参加

走ることに関する考えが一気に変わる衝撃をうけた

 

速く走る、長く走るためには、苦しむこと、プラスしていく考えが主流ですが、この考えが間違えだったとわかった

 

苦しんだ先は、楽はない

 

あったとしても、だいぶ遠回りしてしまう

 

そんな遠回りしなくても、きもちをいいこと、楽なこと、体に身を任せれば、どんどん、走ることが楽しくなってくる

 

必要なのは、無駄を省くこと、引き算の考え、トレーニングだった

 

昨日は、先月に引き続き、らせん流ワークショップに参加してきました。

 

今回は、らせん流操体法

 

今までの操体法でも効果があり、体の歪みを取り除くことが出来た

 

しかし、どこか楽なことをしようとしても違和感があり、ストレッチをしているようになってしまう

 

そもそも操体法は、気持ちいい方向に気持ちいいところまで数回動かすだけで、痛みや歪みを正す方法だ

 

ストレッチでは、力みや無理がでてしまう

 

この違和感を解消してくれたのが、操体法にらせんの動きを入れたことだ

 

ただ、全身を使って気持ちいい方向に動かすだけ

 

それだけで全身がかなり改善する

 

今までは、一部分を平行に動かす2次元的な動きだったが、全身を自然に連動させるために3次元的な動きになった

 

そのあとの歩きは、楽しくて、楽しくてたまらなかった

 

こんなに楽に歩けるなんて、今まで味わったことがない

 

参加者の方々もみんな劇的に変わり、ヒップアップしたり、調子がよくない人も改善したりと、後半は、みんなご機嫌でだった

 

どんだけ、自分は、無駄な動きをしていたのかとわかった

 

頑張ることなんて必要ないんだ

 

これをトレーニングに応用していきたい

 

速く走るには、無駄を省くこと

 

まずは、らせん流ランを習得することに集中したい

 

ちょっとしばらく、記録がでなくなるかもしれないが、それでもいいと思う

 

記録を目指すあまり体を壊したくない

 

死ぬまで走り続けたいので、自分の体を愛して、体が喜ぶ動きをしたい

 

それに、その方が故障もしなくなるので結果的に、早く成長できるかもしれない

 

試したいことは色々とある

 

今後がより楽しみになった

 

 

 では、ラン!信号進行!


フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

ツイッター

https://twitter.com/pawapuro0422

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)