電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

4月走括

f:id:suzuyuta0422:20170502174743j:plain

 

(レース結果)

幸手さくらマラソン10マイル

58分16秒  自己ベスト

 

会社陸上大会

1500m

4分53秒 自己ベスト

5000m

17分43秒 自己ベスト

 

佐渡トキマラソン  ハーフ

1時間20分48秒

 

(気づき)

・先月のスピード練習の疲労が残っていたのか前半はどんどん体調が悪化していった

・ポイント練習消化を意識するあまり、疲労を抜くことに意識がいかなかった

・ジョグのスピードが速すぎる

・ジョグの目的は疲労を抜くことであることを再認識

・スピード強化期間のトレーニングメニューの改善が必要

・1週間の休養期間は、ジョグのスピードが速すぎて前半、疲労が抜けなかった

メリハリが重要

幸手さくら、1500、5000mともに自己新を出せたのは、秋冬の走り込みのたわもの。しかし、疲労を溜めた状態で挑んだのはよくない。

 

5月の課題

・スピード強化期から基礎持久力強化期に移行。来月のトラックレース期に向けてしっかりフォームをつくる

・疲労がたまっていることがわかるようにデータをとる。具体的にランニングウォッチを心拍数を測れるのに変えてデータ収集

・疲労がたまっている状態でポイント練習をやらない。雨の日も

・ジョグは、距離より時間でキロ5分30以上上げない

・ポイント練習をいかによい状態で向かえられるかを意識をもつ

・仙台国際ハーフ、洞爺湖マラソンは、タイムよりフォームをつくる機会ととられる

 

では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)