電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

アップダウン攻略法

アップダウンの多いコースは、体力を消耗してなかなか思うように走れません。

特にマラソンにおいてなるべく一定ペースで走ってエネルギー源でもある糖を温存することが後半に向けて重要になってきます。そのため、スピードアップの繰返しは、糖の無駄遣いです。

しかしレース中のアップダウンだと目標ペースがあると、それを維持しようとして上り坂でも頑張ってしまいます。これが後々響いてくるでしょう。

対策として

アップダウンを走るフォームを覚える

これにつきると思います。平坦とアップダウンでは、そもそも走るフォームを変える必要があります。効率的なフォームを覚えて負担を減らすことです。


具体的に効率的なフォームは、上りも下りも身体全体を前傾姿勢にして維持することです。その状態にすると自然に推進力が生まれるので楽に走ることができます。

上り坂は、足の力で上らないことです。あごを引いて前に倒れるように進む。

下り坂は、胸がはったり、腰が引けたりせずにおへそあたりを前に押し出すように進んでいくイメージです。歩幅は短くピッチを上げます。腕ふりはリラックスです。

あとは、自分でトレーニングして覚えるだけです。

普段のランニングコースのアップダウンで練習を積んでおくといいと思います。
注意したいのは、あまり急な傾斜のアップダウンは、いきなりやらない方がいいです。フォームが逆に崩れるし疲労が多くなります。

では、ラン!信号進行!
 
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)