電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

暑い時期の乗りきり方

ここ最近、凄まじい暑さが続いています。

 
この暑い時期の乗りきり方について調べてみました。
 
走れない原因は、2つでしょう。
 

紫外線による疲労

この時期の紫外線は、特に多いでしょう。首筋や腕や肩は、特に浴びやすく、熱による疲労でぐったりしてしまいます。走り終わったあとのぐったり感は、この影響です。
 
対策
・アームカバー、すだれ付きの帽子、サングラスで和らげる。
・走り終わったらシャワーや冷房で身体を冷やす。
 
 

暑さ

最大の原因です。これと上手く付き合うのがネックになるでしょう。
 
対策
・早朝に走る→夜走るのもいいですが、まだ熱が路面に残っているので思っているほど、快適ではありません。
 
アスファルトを避ける→照り返しで暑さが倍増します。なるべく避けたいところです。
 
・日陰のコースを走る→トレイルランや日陰の多い公園があるといいです。
 
 
この時期のおすすめしたい練習場所は、陸上競技場のトラックです。
オススメポイントは…
・直ぐに休むことができる。
・何かあったときに人がいる。
・スピードトレーニングがストレスなくできる。
・手軽に給水できる
 
などのメリットがあります。
 
 
屋内でトレーニングでも力をつけることができるでしょうが、やはり野外を走ったほうが実践的ですし、何より暑い時期に走ることのメリットが大きいです。発汗システムの向上や熱に対する対応力の向上により、夏にスピードがでなくても、涼しくなったとき秋冬でかなり化けます。
自分も毎年7~9月が一番走り込んでいます。
 
体調に気をつけながら、暑さを乗りきっていきましょう!
 
では、今日もラン信号進行!
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)