読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

耳の痛いことを言ってくれる人を大切に

自分の考え

自分は、毎日毎日走っていてときには、かなり追い込むようなこともあります。そんな日々をおくっているから、まわりの人から心配されたり、文句を言われたりします。

 
 

心配してくれることに感謝

「そんなに走って大丈夫か?」「ケガには、気をつけろよ」とかよく言われます。何度もうるさく言われると、「わかっていますよ。気をつけてますって!」と思いますが、よく考えると心配してくれるだけありがたいことだなって思います。何故なら自分のことをどうでもよかったらそんなことは、言わないでしょう。そう考えると、悪いことでもないと思います。それだけ自分を思ってくれていると思うと本当にありがたいです。
 
 

素直に聞けば、自分を見つめ直す機会に

全てがそうではないでしょうが、間違った方向にいっていたり、夢中になりすぎてまわりが見えなくなっているときに、気づかせてくれる機会にもなります。以前、職場の先輩から言われたことでハッと気づいた一言が「走るのを楽しむのもいいが今の自分の仕事に基準をおかないといけないぞ」です。
自分は、どうしても偏りが出てしまう性格でバランスを崩しやすいです。そんな自分をわかってか、よくそのようなことをいってもらえます。私情で言ってくる意見は、気にすることはないが、自分を思ってのことや信頼している方からの意見は、素直に聞くべきです。
 
色々と人からあーだこーだ言われることがあるでしょうがその言った人がどうとかより、まず素直に聞いてみてそのあと自分に必要か選択することが大切だと思います。思わぬヒントがあるかもしれないからです。
そのなかで耳が痛くても、自分で納得のいくことを言ってくれる人は、大切にしていくべきだと思います。
 
では、今日もラン信号進行!
 
フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)
 
 
 
(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)