電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

速く走るにはどうしたらいいのか?

速く走るにはどうしたらいいのか?練習しても練習しても、壁にぶち当たりなかなかスピードがつかない今、このことを考えます。

 

テレビで見るマラソンランナーや駅伝の選手は、驚くぐらいの速さでたんたん走っています。

 

キロ2分台とかで走っているようには、とても思えないです。

 

あの人達と、自分の違いは、何かと考えると、思いつくのは、ピッチとストライドの違いだと最近思うようになりました。

 

マラソンのスピードが上がったのも200mのインターバルのような短距離の練習を取り入れてからです。

 

それによりストライドとピッチがよくなりマラソンにも繋がったのだと思います。

 

そのことからも、トップ選手は元々、凄まじいピッチと長いストライド力があるからあれだけたんたんと走れるのではないかと思います。

 

実際にトップ選手のピッチの速さは、メチャ速いです。

 

そう考察すると、インターバルトレーニングとは、心肺機能を鍛えるだけでなく、ピッチとストライドを鍛えるためのトレーニングであると考えるようになりました。

 

だとしたら、何もインターバルトレーニングにこだわらないてもピッチは、鍛えられると思います。

 

自転車の全力こぎでも鍛えられそうです。

 

今後は、インターバルトレーニング時は、このピッチとストライドを意識します。

 

さてさて、どのような結果になるかわかりませんが、気長に続けたいです。

 

 では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)