読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

電車運転士ランナー・ユータのマラソンライフ

心と体の健康を維持する。毎日、仕事とランニングを両立して元気に走り続けるために、食、トレーニング、身体意識の開発、ファスティング、について考えて実践するブログ。マラソンの現在の目標・2時間35分を切って福岡国際マラソン出場、完走,ワールドメジャーズマラソン完走。

気持ちを切らない

インターバルトレーニングをしていると、インターバルの区間で気持ちを切ってしまうクセがどうもあります。

 

インターバルなんだから、気持ち切ってもいいんじゃないか?って思っていましたが、間違いだと気づきました。

 

気づいたきっかけは、レースやペース走などの持久力を必要とする走りをしているときです。

 

なぜがスピードに波が出てしまいます。

 

タイムは、一定していますが感覚的に波が激しいです。けっこうスピードでごまかしている感じがします。

 

最近、ようやくその感覚がなくなってきました。

 

これは、ペース走をあまりやらなかったこともありますがインターバルトレーニングのやり方にも問題がありました。

 

インターバルで気持ちを切ってトレーニングしていたことが原因っぽいです。

 

インターバル区間は、少し心肺を回復させるためにペースを落としているのだから、気持ちまでは、切ってはいけないのです。

 

まぁ当たり前ですけど、トレーニングの辛さから無意識に抜いていまっていましたね。

 

今年は、例年になくインターバルをやってきましたが、こういうところまで、考えてやっていく必要があると学びました。

 

  

では、ラン!信号進行!

 

 

フェイスブックhttps://www.facebook.com/youtai.gmu](申請どうぞ!スパムでなければ承認いたします。)

 

ツイッター

 

https://twitter.com/pawapuro0422

 

(フォローどうぞ!スパムでなければフォローお返しいたします。)